気難しい照明

2013年1月21日

舞台を構成する上で、ほぼ絶対いなくてはならないのが照明家である。 もちろん日中に青空劇場で芝居を行うのであれば、照明の必要はないが、そのようなケースは稀であり、舞台に演出の幅を求めるとなれば、出きるだけ光は自由に扱えなけ […]